夏や冬などの季節に関係なく、一年中、手足の先が冷たいという症状に悩まされている方は多いのではないでしょうか。このような状態を一般的に冷え性と言っていますが、実際はどのようなことが体で起こっているかご存知ですか?人間は暑さや寒さを感じ、自動的に体温をコントロールすることが出来る機能を持っています。人が寒いと感じた時、血管は収縮して、体内に熱を溜め込もうとすることで体内を流れている血液が温められ、その血液が全身を流れることで、体温を一定の温度に維持しようとするのです。冷え性の場合、手足にまでこの体内で温められた血液が循環していないために、手足が冷たいという状態が起こります。すなわち、体内の血の流れが悪い状態にあるということなのです。血の流れ、つまり、血行が悪くなるのにも、様々な原因があげられます。例えば、心臓を動かすなど自分自身で意識しなくても自動的に働いている神経のことを自律神経と言うのですが、この自律神経が全身に流れる血液の循環をコントロールしています。なので、自律神経がバランスを崩してしまうと、全身にうまく血液を循環させることが出来なくなってしまうのです。そうなると、手足の先まで血液が行き届かなくなり、冷え性が起こってしまいます。近年では、若い女性を中心に、自律神経のバランスを崩すことで血行不良を起こし、冷え性になってしまうケースが増えているようです。また、冬など気温が低いことによって、毛細血管が収縮してしまい、血液の流れを悪くしてしまう場合もあります。冷え性には様々な原因とケースがあるので、よく注意する必要があるでしょう。